「根岸ステークス2022」「シルクロードステークス2022」の見解【競馬予想記事】

2022年競馬予想記事
PR【横綱ダービー】今週の無料情報提供レース【決定】

7月3日(日) 小倉11R「CBC賞(G3)」
知識ゼロ・予想不要・競馬初心者も気軽に稼げる!
ハズレ無しのご新規様優待無料ガチャ開放中!

本日の馬券の成果は如何だったでしょうか?

 

本日の「F式厳選予想」は残念ながら2鞍とも不的中という結果に終わりました。

かなり厳しい結果でしたが、前だけを向いて明日は好結果を叩き出します!

 

ということで、いつものように本題の明日の「F式」重賞予想「東京新聞杯(G3)」「きさらぎ賞(G3)」の見解に行きたいと思います。

 

まずは先に「東京新聞杯」の見解から行きます。

参考として「東京新聞杯」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

東京新聞杯2022のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 ファインルージュ ???%
2 カラテ ???%
3 マルターズディオサ ???%
4 カテドラル 5.7%
5 イルーシヴパンサー 4.6%
6 トーラスジェミニ 3.8%
7 ホウオウアマゾン 3.8%
8 ドナアトラエンテ 2.4%
9 ケイデンスコール 1.5%
10 ヴェロックス 1.0%
11 ワールドバローズ 0.7%
12 カレンシュトラウス 0.6%
13 アオイクレアトール 0.5%
14 ディアンドル 0.4%
15 エイシンチラー 0.3%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位付近に書いてあります。

 

 

東京新聞杯2022 前日18時15分現在の単勝人気上位

1 ファインルージュ 3.0
2 イルーシヴパンサー 4.8
3 カラテ 4.9
4 ホウオウアマゾン 6.3
5 ワールドバローズ 11.8
6 カテドラル 17.3

 

人気はこの時点ではファインルージュが3.0倍の1番人気。

続いて、イルーシヴパンサー、カラテ、ホウオウアマゾンまでが10倍未満のオッズとなっている。

戦前の予想とはやや異なる人気順となってはいるが、やはりファインルージュが1番人気になりそうな売れ方となっている。

 

東京新聞杯2022 展開予想

展開はトーラスジェミニかホウオウアマゾンのどちらかがハナに行きそうだが、恐らくトーラスジェミニのほうがハナに行く可能性が高いか。

人気処の位置取りは好位の2~3番手にホウオウアマゾン、ワールドバローズは中団よりも前目付近、カラテとイルーシヴパンサーはちょうど中団付近、カテドラルは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

トーラスジェミニが逃げると想定した場合、1000M通過は59秒台ぐらいの平均ぐらいのペースになりそうか。

 

東京新聞杯2022 見解

さて、今年の東京新聞杯は15頭立てとなりましたが、春のマイルG1を見据えたレベルの高いメンバーが揃ったかと思います。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではプリンスリターンを推奨しましたが、残念ながら故障により回避となってしまいました。

ブログとYoutubeではファインルージュとカラテもA評価でしたので、どちらかを軸として推奨する形となります。

ファインルージュは指数順位1位で前走は秋華賞(G1 阪神芝2000M)に出走し、2番人気で2着。

3歳時にフェアリーS(G3 中山芝1600M)を勝ち、桜花賞(G1 阪神芝1600M)は3着、秋には紫苑S(G3 中山芝2000M)を勝っており、明け4歳世代の牝馬ではトップグループの1頭に間違いない存在です。

これまでのレース振りを見る限りマイルはベストに近い条件と思えますし、55キロの斤量で出られるのも明らかに有利です。

カラテも指数順位2位で前走のニューイヤーS(L 中山芝1600M)を58キロの斤量で快勝していますので、甲乙付け難いのが正直なところです。

 

そこで、このレースはファインルージュかカラテを軸とする馬券を組みたいと思いますが、どちらを軸にするかは、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

 

続いて、「きさらぎ賞」の見解に行きます。

参考として「きさらぎ賞」のアドバンス指数をご覧下さい。

 

きさらぎ賞2022のアドバンス指数

順位 馬名 期待勝率
1 エアアネモイ ???%
2 マテンロウレオ ???%
3 ダンテスヴュー ???%
4 シェルビーズアイ 8.5%
5 トーセンヴァンノ 4.1%
6 アスクワイルドモア 3.6%
7 ストロングウィル 3.5%
8 セルケト 3.4%
9 ショウナンマグマ 3.3%
10 メイショウゲキリン 2.3%
11 フォースクエア 0.9%

 

指数順位1~3位の期待勝率はコチラの⇒⇒ 人気ブログランキングの地方競馬カテゴリの1~2位付近に書いてあります。

 

 

きさらぎ賞2022 netkeiba予想オッズの上位人気

1 ダンテスヴュー 2.4
2 マテンロウレオ 3.3
3 エアアネモイ 6.3
4 ストロングウィル 6.9
5 アスクワイルドモア 7.0
6 フォースクエア 12.2

 

netkeibaの予想オッズではダンテスヴューが2.4倍で1番人気。

続いて、マテンロウレオ、エアアネモイ、ストロングウィル、アスクワイルドモアまでが10倍未満のオッズとなっている。

他の競馬情報サイトの予想オッズもほぼ似たような感じなので、ダンテスヴューかマテンロウレオが1番人気になりそうか。

 

きさらぎ賞2022 展開予想

展開はかなり読み辛いが、直近の2戦でハナを切っているメイショウゲキリンが大外からでもハナに行く可能性が高いか。

人気処の位置取りはフォースクエアとエアアネモイは中団よりも前目付近、マテンロウレオとストロングウィルはちょうど中団付近、ダンテスヴューは中団よりも後方寄りのポジションとなりそう。

メイショウゲキリンが逃げると想定した場合、1000M通過は61~62秒ぐらいの平均よりも緩めのペースになりそうか。

 

きさらぎ賞2022 見解

さて、今年のきさらぎ賞は11頭立てとなりましたが、前評判で超大物と呼ばれているような馬が不在で、ここ何年かではやや小粒なメンバーになったと思われます。

 

週の始めにアップしたブログの記事やYoutubeの動画ではエアアネモイを推奨しましたが、期待勝率???%で指数順位は1位となっています。

エアアネモイはPoint of Entry産駒の外国産馬の牡馬で前走は阪神芝2000Mの新馬戦に出走し、2番人気でしたが見事1着となっています。

その前走の新馬戦はハナを切る形となりましたが、直線は馬場の外を豪快なフットワークで伸びて後続を3馬身突き放す内容で、大物感漂う勝ち方でした。

兄弟馬にはエアアルマスを筆頭にエアファンディタ、エアサージュと兄の3頭は全て活躍しておりますので、コノ馬も相当な素質を秘めていると思います。

 

そこで、このレースは当初の予定通りエアアネモイを軸とする馬券を組みたいと思います。

相手馬の絞り込みについては、この後のYotube生放送でもう少し切り込みたいと思います。

結論の印と買い目は、有料会員の方には別途、明日の午前中までにメールを送らせて頂きます。

 

また、明日の「F式厳選予想」のラインナップは「激熱」2鞍となっています。

 

最後に・・・

この後22時から明日の「東京新聞杯(G3)」「きさらぎ賞(G3)」に関するYoutube生放送を行いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

「競馬新聞ゼロ」 Youtubeチャンネル
⇒ https://www.youtube.com/channel/UCBDdRc7wovawI90dAvSsIhg

 

明日もどうかご期待下さい!

 

競馬新聞ゼロ 無料会員について

競馬新聞ゼロの無料会員には以下の特典がございます。

 

その1 メールマガジンでG1を含む中央競馬全重賞(平地のみ)のアドバンス指数を無料配信いたします。

 

その2 中央通常版競馬新聞ページの「印」「本紙予想(買い目)」「最大指数」「平均指数」が閲覧可能になります。

 

その3 アドバンス指数(中央版)のTARGET用外部指数形式の過去データファイル(2014年1月~)がご利用可能になります。

 

「無料のくせによく当たる」
競馬新聞ゼロの無料会員登録はコチラ
http://bit.ly/keiba0muryou

- 競馬新聞ゼロ - 無料ネット競馬新聞 - 競馬新聞ゼロのおススメ競馬サイト
【PR】世界初 即換金できるオンラインパチンコ・スロットホール

タイトルとURLをコピーしました